さつま地蔵

記事一覧(3)

かかとが痛い

かかとが痛いかかとが痛いという患者さんが年間で数名いらっしゃいます。その痛みの場所によって原因が異りますし、治療も違ってきます。まず、かかとの後ろ(アキレス腱の付着部)の痛みですが、考えられるのは、ふくらはぎの筋肉の張りが強くなり、アキレス腱を引っ張ることからかかとの骨に付着している所で炎症が起こるものがあります。これは、炎症を抑えることをまずやります。しっかりアイシングして下さい。また、ふくらはぎの張りをほぐしてやる必要があるでしょう。マッサージで構いませんので、ほぐして下さい。安静とまでいかなくても、無理をせず、出来ることをやるようにして下さい。足首を回したりして足首を柔らかくすることも有効です。次に、かかとの上(アキレス腱の内側辺りの奥)が痛い時、走る時や歩く時の蹴った状態でアキレス腱の内側の奥に痛みがある場合は、三角骨を疑います。これはつまり足首を底屈した時にこの三角骨を挟んでしまって痛みを感じるわけです。この三角骨ができてしまっていても、場所が良ければ(?)ほとんど痛みはでませんが、悪いとガチッと挟んでしまって激痛が出ます。大抵は、足首のテーピングで底屈の可動域を制限してやると楽なんですが、どうしても痛みが軽減しない時は、手術で摘出してやるという選択肢があります。これは骨が原因ですから、ほぐしてどうにかなるというものではないかもしれません。少しは楽になるかもしれませんが・・・ 整形外科でご相談下さい。かかとの前(足ウラ)の痛みは、足底筋膜炎の疑いがあります。土踏まずの後ろ側からかかとの前(足の裏)辺りにズキーンという痛みが出ます。ほとんどの場合は、ふくらはぎの強い張りからくるものです。もちろん足を使うことが多い(蹴りを多くやったなど)などでも起こります。足底筋膜に疲労が溜り、炎症が起きたものでしょう。アイシングで炎症を抑え、足ウラからふくらはぎをよくほぐして下さい。数日で楽になるはずです。かかとの真ん中に痛みが出る場合・・・かかとを地面に踏みつけた時にズキッと痛みが出るなら、それは打撲です。恐らくかかとを地面などに強く打ちつけたものだと思います。これはアイシングで打撲の炎症を抑えるのですが、かかとの肉が厚いので、氷水にかかとを浸けて冷やすのがいいでしょう。この炎症はなかなか軽減しません。時間がかかります。しかし、休んでもいられませんので、かかとにクッションを入れて競技をやるのですが、シリコンのクッションでも痛いものは痛いようです。そこで、かかとを包み込むようにホワイトテープでテーピングしてやるのです。これはかなり有効です。かかとの肉を真ん中に寄せ集めるように細いホワイトテープで包み込むのです。かなり寄せ集めます。痛みがほとんど出なくなりますので、この間に炎症を抑えこんでやるのです。かかとの痛みはこんなものだと思います。足首は大事です。よく回し、よくほぐしておいて下さい。矢作治療院 院長 矢作晋

膝の痛みは、半月板のズレから

膝の痛みのほとんどは、半月板のズレからくるもの半月板のズレと言っても、本当にほんの少しの場合や見ればすぐに分かるものまで、様々ある。問題は、どういう状態が正常なのか・・・誰も答えることは出来ない。何故なら、教わっていないからです。私は、診て、触れて見分けはつく。子供の頃から、正常な状態のものを触れているから、感覚的に分かるのです。患者さんには、「浮いている」とか「詰まっている」とか表現しますが、浮いている場合は、半月板は外側にズレていて、詰まっている場合は、内側にズレている。正常の場合は、「問題なし」と言います。これは、口で言っても、表現のしようがありません。実際に触れて、感覚的に理解しなければなりません。そして、どうすれば、元の正常な状態に戻せるのかを知ること。これは、技術的には簡単ですが、戻ったのか戻らないのかやはり、正常な状態を知る必要があります。父は、この技術を習得するのに15年かかったと言っています。私は、子供の頃に習ったので、ほんの数日で理解できました。それだけ、人間の身体の正常なものを理解するのは難しいものだと理解しなければなりません。身体を正常に調整する技術は、簡単です。数年あれば習得できるでしょう。でも、正常なものを知ること、外れているものを判断するには10年でも足りません。何も解らない状態からなら、15年はかかります。膝の痛みは、この半月板のズレが原因であることが多い。まぁ、それよりも前の足首のズレも原因だったりしますけど。半月板のズレは簡単に起こります。強い外力でズレたものは難しいですが、軽いものなら、自分で、普段から治しているはずです。膝に違和感がある時、よく膝を軽く曲げてから、前に足を投げ出していますね。あれです。軽いものは、自力で治しています。もし、痛みが治まらないようでしたら、半月板の位置調整が必要です。年配の方の変形性膝関節症からくるものは、治りきりませんが、楽にはなります。気が向いたらご来院下さい。さつま地蔵矢作治療院 院長 矢作晋

感動!そして涙・・・

時は、西暦20◯◯年・・・世界的に女子プロ野球が認められるようになった。日本もまた、男子プロ野球だけじゃなく、女子プロ野球の方も人気が上がってきたところだ。◯◯年のシーズンオフに、第一回女子プロ野球世界選手権が行われていた。場所は、日本の地方球場だったが、大歓声に包まれ、日本代表は健闘した。残念ながら、世界的に見て、選手層はまだ薄く、世界の強豪の中では、健闘したが、予選敗退が決まってしまった。予選リーグ最終戦敗退は決まっていたけど、日本代表はこの試合だけは勝つと誓い合い、試合に挑んだ。私は、この日本代表のトレーナーを務めた。みんな、どこかしこに故障を持ち、こんなんでいいのかよ・・・という感じだったが、どうにか勝たせてあげたい気持ちで仕事にとりかかった。中でも、最年長のキャプテン◯◯選手が、右膝を傷めていて、苦しんでいたが、前日に、この試合は、「私にとって、人生最後の試合だから、どうにかもたせてほしい・・・」とトレーナー室に顔を出した。私も持てる技術を尽くして調整した。そして、試合は始まり、彼女はどうにか、プレイを続けていたが、試合は、8回裏で1対3で負けている。8回裏 2アウト ランナー1塁、2塁ヒットで一人返せるし、長打なら同点の場面・・・彼女の最後となるだろう打席が回ってきた。ユニフォームで隠れているが、右膝のテーピングで太くなっているのが分かる。痛々しいかぎりであったが、最後になるなら、もう思いっきり行け!と叫んだ。精神を統一して、打席に向かう。一球目は高めのボール・・・二球目・・・思いっきり叩いた!引っ張り過ぎでファールかぁ~~~と思ったが、ライトの選手がフェンスまで追っていき・・・見送った!!!大歓声とともに、ベンチからすべての選手が飛び出し、「やった!~~~~」の連呼!打った彼女も、1塁を回ったところで、飛び跳ねている!「おい、おい・・・」ダイヤモンドを一周して、みんなにお出迎えされて私も彼女とハイタッチをした。まるで、サヨナラゲームのような騒ぎよう ^^;そして、試合は、9回表を抑え投手が締めて、勝利した。選手、スタッフ全員で大観衆に挨拶をして、みんなで抱き合い、これが第一歩だと、今度は、決勝リーグに出て、優勝すると誓いあった。彼女は、私の前に来て、「先生! ありがとうございました。私・・・最後の最後に、人生初のホームランを打てました!・・・」涙ぐみながら・・・私ももらい泣きしちゃいました。なでしこジャパンの岩清水梓選手に似た彼女は、小兵ながら、ヒットを量産していたが、現役中は、ホームランは1本も打てなかった。それが、人生最後の試合、最後の打席で起死回生の逆転3ランを放つことができた。トレーナーとしてこういう場面に遭遇することが、一番の楽しみであり、生きがいだと感じた。これは、【夢】今朝見た、夢です。こんなことをトレーナー現役時代に何度も経験したが、辞めた今でも、こういう夢を見ることが多く、まだ未練があるのかなぁ~とか思ったりします。そういう仕事がしたいのです。自分の為でもあるけど、他人の為にどれだけ自分の技術を提供できるのか・・・日々、新しいものを吸収して、技術に磨きをかける。それが、スポーツを愛する人たちの為になるなら・・・がんばる!今の女子プロ野球の選手たち、頑張ってもらいたい。◯◯年には、きっと実現するでしょうね。さつま地蔵矢作治療院 院長 矢作晋